日焼け後の脱毛について

さぁ、夏本番!プールに海に夏祭りに…

楽しいイベントが盛りだくさんで、肌の露出も増える夏。

その夏直前に脱毛を考える女性も多いのでは?ですが、ちょっと待ってください!

夏直前に脱毛を始めるのは実はあまりよくないことなのです。脱毛は、どの脱毛方法で行ったとしても一度では効果が出ません。

ですので、数か月にわたり、数回お手入れを行う必要があります。その間に夏を挟むと、どうしても日焼けしてしまいますよね。

日焼けした肌の脱毛は非常に危険となっており、脱毛サロンやクリニックではお手入れをしてもらえないところがほとんどです。

なぜ日焼けした肌のお手入れは危険なのでしょうか?

日焼けした肌はとても乾燥しがちな状態になり、とてもデリケートになっています。

どの脱毛方法もメラニン色素などの黒い部分に強く反応し、光を発することにより脱毛を行いますが、この黒い部分に反応するため、日焼けした肌にも強く反応してしまうのです。

そうすると、お手入れ時の痛みを非常に感じやすくなり、やけどや赤みなどの肌トラブルを起こしてしまいます。

そんなことからもまずは、日焼けによって肌に出てしまったやけどや赤みが収まるまで待つことが大切です。

時間にすると2週間程度はおいた方が良いと思いますが、その際にこんがりお肌が焼けてしまった場合には、もしかすると脱毛サロンやクリニックでお断りされるかもしれません。

その場合には、焼けた肌が白く戻るまで脱毛ができなくなってしまうので、そんなことにならないように脱毛中は特に日焼けには注意が必要です。

もし日焼けをしてしまったのであれば、なるべく日差しに当たる事は避けて、お肌の状態が収まるまで時間を空けましょう。